おぢさんがいぢってあげる

USBフラッシュメモリやSDHCカードをHDD化する方法

パソコンいぢり と ユルい日常 の ブログです。
最近見た雑誌に使える情報があったので、早速試してみました。
それはUSB接続のフラッシュメモリやカードリーダーのSDカード、コンパクトフラッシュなどを、見かけ上ローカルドライブにしてしまうというものです。

「で?それで何ができるのよ?」

ということですが、アプリケーションの中にはリムーバブル領域へのインストールができないものも多数あります。
フラッシュメモリなどを擬似HDD化することでインストールできるようになります。
最近流行のミニノートやネットブックなど、HDD領域を増やしたいなんて時にも使える技です。
他にも私的にやってみたいことがあるのですが・・・それは次回に・・・



[ 広告 ]






テストマシンは、
FMV-6700MF9/X。
CPU モバイルPentium(R)lllプロセッサ-700MHz
RAM 256MB(最大)
ハードディスク 40GB
PCMCIAのSDHCカードアダプタ、BN-SDDBP3をマウント。


では、さっそく擬似HDD化の方法です。

この方法のしくみとしては、USBメモリなどのデバイスドライバを差し替えることで、OSの見かけ上HDDにします。

まず擬似ローカルディスク化するためのドライバを入手します。
Hitachi Microdrive Filter Driver」をGoogleなどで検索し「xpfildrvr1224_320.zip」というファイルを入手します。

ダウンロードしたファイルを解凍し、できたフォルダの中の「cfadisk.inf」をメモ帳などで開き、書き換えます。

cfadisk.inf


24行目あたりに、

[cfadisk_device]

とあり、以下に

%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,IDE\DiskIBM-DSCM-11000_

とか続いてますので、その最終行、35行目辺りに、

%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,**********

と書き足し、**********の部分に書き換えたいデバイスの名前を入力します。
デバイスの名前はドライブのプロパティで確認します。

プロパティ

今回の場合は
%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,SDHC Secure CardBus Adapter
と追加しました。

・・・多分これで大丈夫・・・?
書き換えたファイルは保存します。

次にドライバの更新をします。
ローカルディスクにしたいデバイスを選び、プロパティから「ドライバの更新」をクリックします。

デバイスの更新

ハードウェアの更新ウィザードの開始画面が出るので、
いいえ、今回は接続しません」を選択。

更新1


一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選択。

更新2

検索しないで、インストールするドライバを選択する」を選択。

更新3

互換性のあるハードウェアの表示」にチェックを入れ、「ディスク使用」をクリック

更新5

先程書き換えた「cfadisk.inf」を選び「OK」をクリック
Hitachi Microdrive」を選択し「次へ」をクリック

更新6

「ドライバの更新警告」が表示されますが気にせず続行します。

更新7

更新8

更新9

更新10

無事にローカルディスクにすることができました。

更新11

これでリムーバブル領域の活用の幅を広げる事ができそうです。
ただし、くれぐれも自己責任でお願いします。









[ 広告 ]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atomicbird.blog27.fc2.com/tb.php/150-9f959bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


[ 広告 ]