パソコンいぢり と ユルい日常 の ブログです。

おぢさんがいぢってあげる;2006/ 10の記事一覧

ここでは、おぢさんがいぢってあげるでの 2006年 10月 に掲載した記事を表示しています。
間違えて覚えていることって結構ないですか?
先日のカニの足に続き、またしてもお嫁ちゃんとの会話で「それ違うぞ」が発覚・・・

で、どういう会話の流れでそうなったのかは覚えていないが「いい湯だな」の話へ・・・
スキャナを買い換えました。
今まで使っていたスキャナ、CanonのFB636Uのヘッドが動かなくなったためです。
これは大変です。
スキャナがないとレンタルしてきたCDのジャケットをコピーできず、お嫁ちゃんの機嫌を損ねることになります。(^^;

今まで使っていたFB636Uは中古で入手した物ですが、薄型で重宝していました。
修理しようかとも思いましたが分解に手間取りそうなのと、光学機器をいぢるのはちょっとコワかったため買い替えを決意。
とはいえ最新型を買う余裕もないので旧型をヤフオクで物色。

条件として

薄型であること
 住宅事情による

1200dpi以上
 買い換えるなら少しはグレードアップしたい

接続はUSB2.0
 今なら標準ですね。今回の買い替えの第一条件です。

予算5000円以内
 懐事情による

前回のブログで少し書いたのですが、古いFDDのデータを読み出すのに少々問題が発生しました。

それは

フロッピーディスクが5インチだった!

なんてことはさすがにありませんが、通常の読み込みができない状態に直面しました。

1993年当時、私が使用していたPCはPC-9801FA(とMSX)でした。
そして現在はAT互換機(Windows)です。
98FA本体内蔵のドライブは5.25インチでしたが、外付けで3.5インチの2ドライブを増設していたのでディスク形状の問題はクリアできていたのですが、フォーマットが違いました。
現在のPC構成ではPC-9801で保存したデータが開けないわけです。
しかし、手が無いわけではありません。
早速サルベージ開始!

まだPC-9801FAを使っていたころ・・・スキャナは私にとって憧れの機器でした。
CG(といっても3Dとかフィルタ処理バリバリじゃなく2Dイラスト系)を、マウス(もちろんボール仕様)でヨレヨレの線を引いたり、ルーペで拡大したドット(今ぢゃピクセルって言うのか?)をポチポチ打ちながら描いているときに、
「あぁ、せめて線画だけでも取り込めたら・・・」と何度も思ったものです。



[ 広告 ]